スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーセン(GOSEN) ライン PEドンペペ 1号 600Mを購入



GOSEN(ゴーセン)の PEラインドンペペ 1号 600M巻きをアマゾン購入。

定価は¥9,300となっているが、半額以下の¥4,600で購入できた。

100Mあたりおおよそ¥767になる。

一つテンヤや真鯛ジギング、鯛ラバのラインにも使っています。

コスパ最高のPEラインでしょう。

ゴーセン(GOSEN) ライン PEドンペペ 600M 12ポンド 1号 GB06010



600m巻きは、1 号 1.2 号 1.5号 1.75号 2号 3号があります。

0.8号もラインナップしてもらえると嬉しいかも。

オマケでドンペペのステッカーが同封されてます!






ついでに、このラインをさらに長持ちさせるためこいつも購入!



モーリス(MORRIS) ライン PEにシュッ! 業務用

これも業務用の方が断然お得ですし、結構な頻度で使います。

モーリス(MORRIS) ライン PEにシュッ! 業務用













ゴーセン(GOSEN) ライン PEドンペペ 600M 12ポンド 1号 GB06010

モーリス(MORRIS) ライン PEにシュッ! 業務用
スポンサーサイト

平舘発真鯛釣り



先週、平舘漁港発真鯛釣りに行ってきました。

いつも通りの4時出船ですが、早い船は三時半には漁港を出発しているとのこと。

ポイントに到着した時点で、他の船の入れがかり情報が飛び込んできました。

俄然やる気は出るが、反応なし。

ポイント移動して、釣友にアタリが!

そこから、ぽつりぽつり釣れだすものの6時を過ぎるとパタッと反応がなくなる。

ジグをメインに、鯛ラバ、一つテンヤなども試したが、忘れた頃に外道のカレイが釣れる程度。

11時沖上がりとなりました。









国土交通省型式承認(船検対応)ベルトタイプのライフジャケットをアマゾンで探してみた

ベルトタイプのライフジャケットが欲しくてアマゾンで探してみた。

ベルトタイプのライフジャケットのイイところですが


・暑苦しくない

・キャストやしゃくりの邪魔にならない

・装着、脱ぎ着が簡単

まあ、こんなところでしょうか。



ちまたでは、4,000円代のベルト式が売れ筋らしいですが、性能、品質面で不安あり。

海外の何とか規格、何とか認定品と書かれているものなど。




今回は国土交通省型式承認品のベルトタイプのライフジャケットを探してみました。


落水時、水を感知して膨脹する自動膨脹式と、レバーを引くと膨脹する手動膨脹式があります。

また、性能にも差があって、タイプ別にTYPE A〜Gまであります。詳細はこちら




最安値で12,000円前後でしょうか?

ちなみにこれTYPE Aで自動膨張式!






これは手動膨脹式のタイプ。

価格も若干安くなっています。






メーカー品(コラボ?)でメジャークラフトのベルト式も見つけました。

自動膨張式です。




ダイワやシマノの一流釣り具メーカー品となると18,000円〜20,000円代の価格帯です。

メーカー品はデザインや形状、ロゴもかっこいいんですけどね。

  
どうせならベルトタイプのライフジャケットに、プライヤー、ナイフ、フィッシュクリッパーなども装着すると使い勝手が良いですね。


流行りのジグ






BOZLES(ボーズレス) メタルジグ TG トウキチロウ です。

昨年あたりから真鯛ジギングで使われ始め、今シーズンは多くの方々が購入し使用しているとのこと。

確かに、ムーチョや爆釣ジグに反応がない場合でも好釣果を叩き出しています。

私も使いましたが、動きに特徴があるようです。

タングステンですし沈みが早い。

ま、お値段もよろしいので、ライントラブル等が発生しにくい状況で使いたいですね(笑)



そろそろ店頭での在庫も切れる頃かもしれません。







BOZLES(ボーズレス) メタルジグ TG トウキチロウ 40g 4582442291124 ケイムラシルバー

BOZLES(ボーズレス) メタルジグ TG トウキチロウ 40g 4582442291117 ピンク

ゲストを迎えての平舘釣行



先日、東京在住の釣友を津軽海峡真鯛釣りに招待した。

昨年は、陸奥湾の東側で一つテンヤのかかり釣りを体験してもらったのだが、今回はジグと鯛ラバで流し釣り。


今回も朝の4時に平舘漁港を出港。


最初のポイントで魚の反応はたくさん出ています。

好反応の中へ仕掛けを落とす。

着底させ巻いてくるがアタリなし。

今日もダメかなと思いきや、釣友の竿が曲がってます(笑)

続いて私の竿にもアタリが!


食い気のスイッチが入ったのか、次々釣れ出します。

一投一匹ペースか!!!


サイズは小振りのものが多かったのですが、久々怒涛の入れがかりを堪能。


約1時間にわたり、魚探反応40m~20mで常に魚が映し出されている感じでした。



ま、このままずっと天国のような時間が続くわけも無く、その後はいつもの感じに。





前回あれだけうるさかった青物も姿をひそめ、一匹も釣れず。

ポツリポツリと忘れた頃に鯛やカレイを追加。

そして、東の風が強くなってきた10時過ぎに納竿。




帰宅し、釣友の親戚宅から釣れた真鯛を発送作業中。

きっと東京へは本人より早く着くことになるでしょう。

今日の釣果。

二人で真鯛17~8枚カレイ4枚

今日は鯛ラバよりも圧倒的にジグへの反応が良かった。
カウンター
BR


最新記事
青森真鯛釣り目次
出かける前に確認しましょう
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。