シーズン二度目の平舘釣行

今週某日シーズン二度目となる平舘真鯛釣行へ行ってきました。

まだ薄暗い4時、平舘漁港出港。


ポイント到着後、波、風は無くとても釣りやすい状況。

魚探にも魚の反応はたくさん現れます。

が、仕掛けを落とすとパ~と散らばるいや~なパターン(笑)



ポイント移動してすぐ、私の鯛ラバに青物がヒット!

ベイトリールのドラグと親指ドラグで、すこし強引にやり取りします。

素早く取り込まないと周りに迷惑がかかりますもんね。


周りでも青物がかかり始めます。

・リーダーの結束が不十分ですっぽ抜ける方

・針を伸ばされる方

・おまつりして高価なリグを失う方

真鯛タックルにかかった青物が本気で暴れると、いろんなトラブルが発生します。

タックルもすこしハードなタイプのものがいいと思います。


そんな中、アタリがあるのになかなか針がかりしない真鯛らしきアタックもあります。

たまに釣れても、あまり大きくないサイズ。



しかし今の時期にこんなに青物が釣れるなんて過去にはなかったな~

船長も申しておりましたが、魚の回遊ルートもしくは生息域が変わってきているのでしょう。



相変わらず針がかりしてくるのは青物メインです。

船内、青物はもうお腹いっぱいという雰囲気も・・・


ポツリぽつりと真鯛も釣れますが、10時過ぎ、西風が強くなって沖上がりです。


本日の釣果、真鯛50サイズ1尾、ヒガレイ2枚、イナダ~イナワラ多数(クーラー2個満タン)





前回の釣行時、鯛ラバにこっそりと装着していたもの

前回の平舘釣行時、釣果の全てはシマノの遊動式タイラバでした。

最近はやはり遊動式が主流になってきています。

旧タイプのものも釣れない訳ではないのでしょうが、渋い状況下でワンチャンスをものにしたいと思うと、どうしてもバレにくい遊動式を選択してしまいますよね。



実は前回、こっそりと鯛ラバに装着していたものがあります。

ま、これなんですけど(笑)

ikagoro.jpg

シマノ炎月集魚ネクタイ 鯛虫ピン・ビビットカーリー



鯛ラバへのアタックはあるが針に乗らない!

ほんの数回しかアタックしてこない!

という情報は船長に聞いていました。


そこで、匂い付きなら何度もアタックしてくるんじゃないかと思い、買い置きしていた集魚ネクタイを装着しました。

ま、釣れたのだからそれなりに効果はあったんじゃないかな〜と思います(笑)




使用した鯛ラバ

十五夜(ジュウゴヤ)フルレッド60g 
神楽(カグラ)レッドゴールド60g 
神楽(カグラ)ドチャート75g



シマノ ワーム 炎月 集魚ネクタイ 鯛虫ピン EW-002N ピンクグロー 11T
シマノ メタルジグ 炎月 集魚ネクタイ ビビットカーリー 01T オレンジ EW-006P

津軽海峡平舘シーズン初釣行



今シーズン初となる、津軽海峡真鯛の流し釣りに行ってきました。

当日は西風が強い予報だったため、早上がり覚悟で津軽半島平舘漁港を5時に出船。



ポイントについて最初の一流し目、とりあえず鯛ラバを投入してみます。

底を取り直しながら巻いていると、アタリがありました。

上がってきたのはリリースサイズのヒガレイ!



その後、同じ鯛ラバを巻いていると中層でアタリ!

上手くフッキングに成功し、真鯛特有の引きを楽しめました。


それからも船を入れ直す度になんらかの反応があって、鯛の他イナダも釣れました。


17427tm2.jpg



今日はいい日かも?と思ったのもつかの間、アタリがピタッと止まります。

大潮の干潮を挟んでからは魚探反応はあるもののアタリは皆無(笑)


手を替え品を替え攻めてみますがアタリなし。

もちろんジグでも狙いましたが、全く反応なし!



だんだんと波風も強くなり、納竿となりました。

釣果は真鯛3枚と外道で青物1尾とカレイ(リリース)で、釣れたのはみな鯛ラバでした。





魚探に映る魚影反応はすこぶる良いと船長も申しておりました。

真鯛はいるのは間違い無いのですが、いつ食い気のスイッチが入るのか?


ちなみに、帰宅後真鯛の胃の中を調べてみましたが空っぽでしたよ。

不思議ですね。



たぶんあと数日で、魚探に映っていた真鯛がバタバタと釣れ出す日が来ると思います。

そんなタイミングで釣行できると嬉しいのですが。


17427tm1.jpg

とりあえず、シーズン初釣行がボウズじゃなくて良かった良かった(笑)










17陸奥湾平舘シーズンイン!



待ちに待った真鯛のシーズンが到来。

日本海側小泊周辺ではすでに釣果のあった真鯛ですが、ノッコミの先頭と思われる超大物集団が平舘周辺でも釣れ始めました。

私も4月中2日ほど予約を入れていましたが、1日は悪天候で中止。
次回出撃ができればいいのですが。

天候の影響で釣行できる日が少ないのですが、出られれば大物と出会う確率は高いはずです。

大物と対峙するため、ラインシステムやスイベル、フックなどはしっかりとしたものを準備しておかないと。

外道で青物も掛かるようですから、なおさら頑丈なものを準備しようと思っています。


陸奥湾の海水温はこちらから

パロマーノットとダブルユニノット、普通のユニノットの使い分け

最近の鯛ラバでよく使う結び方(PEラインとリーダーの結束以外)の紹介です。


リーダーを金属のリングもしくはサルカンに結束する場合、私はパロマーノットを使用しています。

金属部をリーダー2本で締め付けるカタチになるので、強度的に安心できます。

同じように金属部をリーダー2本で締め付ける結び方で、ダブルユニノットというのものあります。




リーダーを遊動式タイラバの高強度アシストラインなどに結束する場合は、ユニノットを使用しています。

結び目が小さくなるので、遊動部分の邪魔になりにくいのです。

強度的には少し不安がありますが、遊動式タイラバの場合ヘッドの交換等で頻繁に結び直さなくてはなりません。

結束が簡単ですからこの方法にしています。



遊動式タイラバにもいろいろな種類があり、それに対応したリーダーの結束方法を知っておくと便利です。

真鯛の引きは強烈です。

PEラインとリーダーの結束はもちろんのこと、リーダーとリグの結束方法にも神経を使いましょう。

yuudoukabura.png
カウンター
BR


最新記事
青森真鯛釣り目次
出かける前に確認しましょう
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク